TOP
香川県藤井中学校

1学期終業式

20日、1学期の終業式で行われました。
一昨日梅雨が明けたということで、厳しい暑さの中でしたが、生徒たちは静かに先生方の話に耳を傾けていました。
明日から長い夏休みが始まります。前期後期の課外をうまく活用して、実りの多い有意義な夏休みを過ごし、ひと回り成長した姿で会えることを願っています。

 

(文責:中学校教員)

授業へのICT活用 その4(美術)

ICTを活用した本校での公開授業の紹介をします。

今回は、美術の「作品の鑑賞」で活用しました。

はじめに、生徒自身が作成した作品の写真を撮り、MetaMoJi ClassRoomにあるワークシートに貼り付けました。

次に、教員が教員用のモニタリング機能「みんなに見せる」を使い、1つ1つ生徒たちの作品を全員に見せ、自分の作品の時にはどんな工夫をしたかなどを生徒たちは発表しました。さらに、教員が作品を拡大などしながら、細かい部分などの解説を行いました。

最後に、全員が発表を終えた後、ワークシートに発表を聞いて「自分もこうしたらもっとよいものができた」など、他の生徒の発表を踏まえ、自分の振り返りを記入しました。

全員が作品の鑑賞をすることができ、細かな部分まで見ることのできる一人一台端末の強みの出た授業になりました。そして、美術が得意な生徒も苦手な生徒も自分の作品をしっかりと発表しようと頑張っていました。

(文責:中学校教員)

授業へのICT活用 その3(数学)

ICTを活用した本校での公開授業の紹介をします。
今回は、数学の「正の数・負の数(魔方陣)」で活用しました。
はじめに、魔方陣とは何か、MetaMoJi ClassRoomの一斉学習モードで呈示した例を見て、生徒たちが気づいたことを教員が記入していきました。また、教員が記入したものは、生徒たちのワークシートにリアルタイムに反映されます。その後、魔方陣のルールを確認した後、実際の問題を解きました。

生徒たちが解いた解答を前に呈示して全体で確認しました。
次に、実際に解いてみてどんな他にルールがあったらいいかを生徒たちから出してもらい、魔方陣の問題を作るためのルールを決めました。

最後に、班になり魔方陣の問題作成を行いました。

iPadだからこそできる何度も書いたり消したり、試行錯誤をくり返しながら生徒たちは班で協力して問題を作成することができました。

 

(文責:中学校教員)

授業へのICT活用 その2(英語)

ICTを活用した本校での公開授業を紹介していきます。
今回は、英語の「Program4 Interact(スリーヒントクイズ)」で活用しました。スリーヒントクイズは、あるものを3つの短文でヒント出して当てるというものです。
はじめに、前時に各班が作成したスリーヒントクイズの内容を改めて確認し、完成させました。

次に、各班が完成させたスリーヒントクイズを、iPadを見ながら、他の生徒にクイズを出しました。

さらに、全班がクイズを出し合った後、教員が各班にお題を呈示して新しいスリーヒントクイズを作成しました。個人で文章を考えた後、班で話し合いながら、新しいクイズも完成させて発表しました。その間、教員は教員用iPadで生徒たちのiPadをモニタリングをし、進捗状況を確認しながら、授業を進めていました。

生徒たちは短文で相手に伝わるように、お題の特徴をネットで検索したり、iPadに何度も何度も書き直したり、教科書で単語を調べたりとICTと紙媒体を上手く使い分けて頑張っていました。

(文責:中学校教員)

授業へのICT活用 その1(保健体育)

ICTを活用した本校での公開授業を紹介していきます。

今回、保健体育の「マット運動(側方倒立回転)」で活用しました。
はじめに、上手な生徒が見本を行い、それを他の生徒がお手本の生徒の横と前からiPadで撮影を行いました。

次はペアになり、お互いの動きを先ほどと同じように撮影を行いました。

その後、ペア同士でお手本と自分の動画を見比べて、違いを比較しどのようにしたら少しでも上手くできるのかを話し合いました。

そして最後に、発表を行いました。手の位置や足の動きをしっかりと考察をして、次回行った時にどうしたらよいかを考えることができていました。

(文責:中学校教員)

 

総合的な学習の時間(1年団)「藤井学園100周年ゆるキャラ」(その2)(7/3)

今回は、前回の続きで、「Googleスライド」でのプレゼンテーション資料作成の続きを行いました。

班の中には、とても完成に近づいてきたところもあります。
班で協力しながら、よりよく相手に伝わるようなプレゼンテーション資料を作成していってもらいたいです。

(文責:中学校教員)

七夕の願いごとを短冊にこめて

PTA会長様から今年も立派な笹が届きました。
全校生徒1人1人が願いごとを短冊に書いて、いただいた笹につけていました。
願いをひとつ大きく書く人やたくさん願いごとを1枚の短冊に書く人まで、人それぞれですが、みんな楽しそうに飾る場所を選びながら丁寧に取り付けていました。
みなさんの願いが叶うといいですね。

(文責:中学校教員)

壮行会

7月2日(金)、総合体育大会と全国大会に出場する部活動の壮行会が行われました。校長先生や運動部長による激励の後、全国大会や総合体育大会に出場するメンバーがユニフォーム姿でみんなの前に立ち、各部活の代表が大会についての意気込みを述べてくれました。選手たちの活躍を全校生徒で応援しましょう!

(文責:中学校教員)

 

教職員研修

本校では、今年度より一人一台端末を用いた授業を行っております。実際に多くの授業で活用しております。今回、より効果的にiPadを活用するために、端末と高速通信をご提供いただいているドコモCS四国様から他校の事例などを踏まえて、より実践的なiPadの活用方法を教えていただきました。実際に端末を使って行うことで教員自身も楽しく研修を受けさせていただくことができました。

生徒たち一人ひとりがしっかりと考え、将来に活かせる資質能力を伸ばす授業を行うために、日々精進して参ります。

(文責:中学校教員)

携帯電話講習会

6月23日、中学1年生に対して「携帯電話講習会」が実施されました。お話の中で、海外の生徒のSNSを利用する上でのトラブルや注意点、使い方の意見をビデオで見たあと、オンライン上でのもめごとに、自分たちならどのように対処するのかということをグループで話し合い、意見を述べました。インターネット上に安易に載せられた情報は「デジタルタトゥ」といわれ、いったん広がったら消すことのできないものなので、よく考えて利用することが大切であることがわかりました。全員、熱心にお話を聞くことができていました。

(文責:中学校教員)