TOP
香川県藤井中学校

香川県藤井高等学校の入学試験説明会

本日11月20日、香川県藤井高等学校の入学試験説明会が行われました。保護者の方々にお集まりいただいて、高校の先生方からの入学試験の詳細や各科・コースの説明がありました。また商業科の説明の際には、公認会計士の秋山先生から、数の認識を学ぶ必要性・重要性について具体的にご説明をしていただきました。藤井高等学校の各学科の特色を理解した上で、受験について真剣に考える良い機会となりました。

 

(文責:中学校教員)

総合的な学習の時間(1年団)「職業調べ」(11/20)

1年団は、今回から総合的な学習の時間で「職業調べ」を始めました。進学校である本校において、キャリアプランをしっかりと立てることで、今後の学校生活を考える機会は必要です。同じ夢・興味のある生徒が集まって、その職業について調べ発表することを目的に行います。

今回は、事前にGoogle Formsで希望調査をとり、団全体で班を作成し、その職業の何を調べたら良いか・何を知りたいかを班で相談しながら考えました。MetaMoJi ClassRoomを活用して、ブレインストーミングを行い、各班がしっかりとその職業についての洗い出しを行うことができました。

 

その後、2月19日(土)を発表の予定として、各班で今後のスケジュールを立てました。
生徒たちは自分のキャリアと向き合って、今後に活かせるようにしっかりと職業について調べていってもらいたいです。

(文責:中学校教員)

人権同和教育

11月17日(水)、人権同和教育(L G B T講演会)を行いました。講師には「あしたプロジェクト」代表の谷昂頼氏と、香川県でご活躍されているミュージシャンの福井瑞穂氏をお迎えし「自分らしく生きる〜初めてのL G B T〜」をテーマに「性の多様性」について、ご講演いただきました。

今回、中学生はオンラインでの受講になりました。講師の方々のお話や表示されるスライドを、教室ごとに設置してある電子黒板に写す形での受講でした。

性的少数者への正しい理解を深めるとともに、多様性を尊重できるように、全員が熱心にメモを取りながら話を聞くことができました。

 

(文責:中学校教員)

交通教室

11月10日の3限目に丸亀警察署交通課の長尾さんをお招きし、交通教室を行いました。

香川県下の交通事故は減少傾向にありますが、今年はすでに2700件ほどの事故が発生していることや自転車や徒歩でも自分自身が被害者もしくは加害者にもなりうる可能性があることが分かりました。DVDを観て、自転車や歩道を渡る際の正しい交通ルールを学び、改めてルールを守ることの大切さを感じました。年末にかけて慌ただしくなりますが、事故のないように十分に注意し、自分の身を守りながら安全に登下校しましょう。

 

(文責:中学校教員)

総合的な学習の時間(1年団)「フレスコボール」(10/13、10/16、11/6)

1年団は、総合的な学習の時間で「フレスコボール」を行いました。「フレスコボール」とは、卓球やテニスのように相手と対戦するスポーツではなく、日本の羽子板のように相手とラリーをつなげるスポーツです。「フレスコボール」はラリーをつなげるために相手のことを考え、コミュニケーションを取りながら行うということから「思いやりのスポーツ」といわれています。そして、1年団の団目標が「Compassion(思いやり)」であるということと季節柄「スポーツの秋」ということで、「スポーツを通して思いやりについて考える」ために行いました。

 

10月13日のLHRを使って、思いやりとは何かを考えました。生徒たちにMetaMoJi ClassRoomの付箋機能を使って書いてもらい、電子黒板を使ってみんなで共有しました。そして、「フレスコボール」を行う上で、1年団全体で班を作成しました。

 

 

10月16日に、「フレスコボール」の体験と調べ学習を行いました。今回、香川県フレスコボール協会の方々に実際に来てもらい、「フレスコボール」のレクチャーをしてもらいました。はじめて体験するスポーツで慣れない様子でしたが、徐々にコミュニケーションを取りながらラリーが続くように一生懸命頑張っていました。そして、自分たちのプレー動画を撮って協会の方々のプレーと比較し、違いを考えてもらいました。また、体験を待っている間は「フレスコボール」について調べました。班ごとにテーマを選んで、そのことについて調べ、MetaMoJi ClassRoomにまとめました。まとめる時間は各班60分ほどしかありませんでしたが、生徒たちは短時間で調べてきれいにまとめ上げており、素晴らしかったです。

  

11月6日に、「フレスコボール」調べの仕上げと発表、振り返りを行いました。どの班も工夫してまとめられており、今までの発表の経験を活かして、しっかりと発表することができました。今回はポスター形式でまとめたので、そのままだと小さく見えにくいため、自分の発表箇所を拡大して表示しながら、発表することができていました。振り返りも全ての活動を通して、Google Formsで答えていました。

~振り返り~

・フレスコボールは思いやりの競技とも言われていて、1年団目標は思いやりがテーマなので、今回の総合で思いやりとは何かということが考えられたと思いました。フレスコボールでは、相手がどこにボールを打つと取れやすいかなどを考えることが大切だと思いました。 日常の生活でもそのように相手のことを考えながら行動することが大切なのではないかということを、この学習を通して学びました。

・フレスコボールは1人ではできないスポーツで相手がいないとできないスポーツということが分かりました。だから、相手のことを思いやり一緒に話してみたりして親睦を深めることが大切だと思いました。その他にも、テクニックひとつで楽しさが変わってくることも分かりました。この学習が終わっても、フレスコボールのことをもう少し知ってみたいと思いました。

・まだ話したことのなかった別のクラスの子とフレスコボールを通してコミュニケーションを取ることができ、思いやりを育てること以外にも友達と交流する機会を作ることのできる素晴らしい競技ということがわかりました。 これは、日本だけではなく、世界中に広めるべき競技ではないかと思います。

(文責:中学校教員)

薬物乱用防止教室

本日10月27日、丸亀警察署生活安全課の方に来ていただき、薬物乱用防止教室を行いました。薬物乱用とは何か、その危険性や万一使用してしまったらどうなってしまうかなど分かりやすく説明していただき、その実態を知ることができました。映像を通して薬物の恐ろしさや誘われた時の2つの断り方などを学びました。近年、若者の薬物所持や使用による事件が多発しています。自分は大丈夫だと思っていても、いざという時、一歩間違えてしまえば取り返しがつきません。本日学んだことを忘れずに、自分自身や自分の大切な人たちのためにも断る勇気を持ち続けていきましょう!

 

(文責:中学校教員)

情操教育

10月22日(金)に体育館で情操教育が行われました。今年度は、東京芸術座による舞台「未来」を鑑賞しました。生徒の感想をいくつかご紹介します。

「私は、今日の公演を見て、いじめはしてはいけないなと改めて思いました。自分は冗談で言ったつもりの言葉も相手を傷つけているかもしれないんだなと思いました。それに簡単に『死ね』と言ったり、その人自体を否定するようなことを言ってはいけないなと思いました。だから、これからは言葉遣いに気をつけるようにしたいと思いました。」

「今回『いじめ』についての劇を見て思ったことは、後悔しても遅いということです。自分が直接いじめをしていなくても見ていたのなら怖くても誰かに相談するべきだと思います。今までいじめについての話は沢山ありましたが、話を聞くよりも劇を見るほうがよりいじめが身近でおこっている怖さを感じました。いじめの事に限らず友達から相談を受けたときはしっかりのってあげたいし、自分が困っている時は恐れずに、まずは誰かに話してみたいです。」

本日の情操教育を通して学んだことを胸に、自分のクラスメートや友だちを大切に学校生活を送っていきましょう。

 

(文責:中学校教員)

秋季遠足&修学旅行

秋季遠足(1年団)

本日10月8日、2学期の秋季遠足が行われました。1年団は、豊稔池、高屋神社、父母ヶ浜に行きました。

豊稔池では、クラスごとに集合写真を撮影した後、自由に見学をしました。事前にLHRで調べ学習をしており、生徒たちはある程度のことを知っていました。しかし、実際に実物を見ると思っていた以上に迫力があり、生徒たちはびっくりしていました。

高屋神社では、本来はあまり一番下から登ることはありませんが、一番下から、天空の鳥居のある本宮まで登山をしました。生徒たちが協力し最後まで諦めず、頂上を目指している姿が見られました。本宮に着いたときは、達成感も相まってか、景色のきれいさに見とれている生徒もいました。

父母ヶ浜では、残り時間も少なかったため、滞在時間が短くなりましたが、「フジスタグラム」という企画を実施し、班ごとに思い描く姿を写真に収めました。

今回の秋季遠足は、天候にも恵まれたこともあり活動しやすい一日となったと思います。この土日は、しっかりと休養をとり月曜日は元気な姿で登校して欲しいと思います。

 

秋季遠足(2年団)

本日2年団は高松市の「石の民俗資料館」と「新屋島水族館」に行きました。

石の民俗資料館では、「石deペイント」を体験し、個性豊かな素敵な作品を作ることが出来ました。後日、校内で展示する予定です。

屋島三大展望台に到着し、屋島の自然豊かな風景をバックに各クラス記念撮影をしました。

新屋島水族館では、イルカショーや館内の魚たちを楽しみながらスケッチに挑戦しました。
クラスや学年団の交流が深まり、思い出に残る1日となりました。

 

修学旅行(3年団)

本日3年団は修学旅行として、小豆島へ行ってきました。本来、昨年の夏に実施予定でしたが、新型コロナ感染症の影響で、延期が続き日帰りでの実施となりました。

結団式では、校長から修学旅行の意義についての講話がありました。

銚子渓お猿の国では、普段ではなかなか近づけないほどの距離まで猿が来たので、最初生徒も驚いていましたが、だんだんと慣れて、特に赤ちゃん猿の可愛さに夢中になっていました。

二十四の瞳映画村では貴重な映画のセットを見学もできましたし、美味しいソフトクリームにも生徒たちは舌鼓をうっていました。

エンジェルロードではなかなか歩けない砂浜を、綺麗な夕焼けをバックに歩きました。幻想的な写真も撮れました。

最後に解団式では校長より「楽しい修学旅行になって良かったです。そして、まわりを見渡して、隣にいる仲間たちと今後は一緒に受験も頑張っていこう」と励ましの言葉がありました。

今回の修学旅行で学んだことを残り半年の学校生活、受験にしっかりと役立てていきましょう!

(文責:中学校教員)

月はじめの集会を行いました

本日10月1日、全校集会を行いました。今回はまず、数学検定の取得や水泳の大会での入賞、英語弁論大会で好成績を収めた生徒達を表彰しました。通常の学業や部活動がある中で、各々が時間を有効に使うことができた証拠であると思います。今後も更なる発展を期待できる結果となりました。

次に校長先生からは「今日からまん延防止重点措置が解かれるが、ここで気を抜かずに消毒など感染防止に努め、日常を取り戻すために頑張ろう。」と、お話しがありました。

10月は遠足や中間考査があります。自分でしっかりと計画を立て、充実した月にしてほしいと思います。

(文責:中学校教員)

総合的な学習の時間(1年団)「藤井学園100周年ゆるキャラ」(その4)(9/25)

本日の藤中フェスタにて、予選を突破した6つの「ゆるキャラ」の最終プレゼンを行いました。勝ち残った6つのゆるキャラは次の通りです。

先輩たちや大勢の教職員の前での発表は初めてだったので、どの班も発表前は緊張をしていました。しかし、ステージに立つと堂々と自信をもって発表することが出来ました。

全班のプレゼン終了後、観ていただいた全員に投票をしてもらいました。その結果を、藤中フェスタの閉会式で発表しました。結果は次の通りです。

今回、ステージで発表した班はとても良い経験になったと思います。一人ひとりが聴いている人に伝えようとする頑張りがよく見えました。また、今回発表しなかった班も、ステージでの発表を聴いて、次はどうしたら相手に伝わるか考える機会にもなったと思います。

1年生全員がこの活動での経験を活かせるように、これからも生徒たちには頑張ってもらいたいです。

(文責:中学校教員)