メッセージ

誠実・勤勉・礼節

 
本学園は大正13年に丸亀女子教員養成学校として創立されて以来、90年以上の伝統と歴史を誇ります。
戦前には藤井高等女学校、藤井女子商業学校と変遷し、戦後の学制改革を経て、男女共学制の香川県藤井高等学校、香川県藤井中学校、藤井学園寒川高校の3校に発展しました。
創設者である藤井和市翁の「学校は真の人間教育を行う道場である。」という建学精神は、創立から90年経った今も、歴代の理事長の教学理念として受け継がれてきました。
この建学の精神と輝かしい伝統を礎として、教職員一同、地域から信頼され愛される学校づくりに取り組んでおります。

 
藤井理事長さて、私立学校の存在意義は、社会情勢の変化に対応する教育システムをいち早く構築できることにあります。
藤井学園は今後、校訓である「誠実・勤勉・礼節」に加えて「個々の能力の伸長」をテーマに掲げ、現代社会で活躍できる人材を輩出すべく、学業、スポーツ、芸術などの分野で新しい取り組みを打ち出していく所存です。
国際化の波が地方にも押し寄せる一方で地方の人口減が懸念されている中で、世界レベルの視野をもち夢や志を実現すべく何にでも挑戦できる生徒たちや、地域に寄り添い地方の発展に貢献できる生徒たちを、キャンパス内での様々な経験を通して育んでいくことが、藤井学園の使命であると考えております。

学校法人 藤井学園
理事長 藤井 睦子