fujiiJH

藤井中学校

入学式

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。本日、天候にも恵まれ、晴れやかに入学式を行うことができました。

皆さんの夢を実現するために教職員一同、全力でサポートしていきます。

明日から楽しい学校生活を一緒に送っていきましょう。

(文責:中学校教員)

起業家体験プログラム「プラスかがわ」参加

本校は,3月27日(土),28日(日)の2日間希望者を対象に香川大学で行われた株式会社ドコモCS四国,株式会社Prima Pinguino主催の起業家育成プログラム『プラスかがわ』に参加しました。参加者は本校より高校ユリーカコース1年生7名,中学3年生2名,中学1年生3名になりました。他にも香川大学,県立観音寺総合高校の学生・生徒さんも参加し合同で行いました。

内容は,実際に起業家が行なっている手順を踏んで,高松市にある南新町商店街を活性化し収益につなげさせるための提案をプレゼンテーションで作成し,発表するというものです。

1日目は,最初に,全体ガイダンスを行い,起業家がどのように考えているか学びました。次に,事前課題で考えてきたことを紙に書き,同じような考えの人と集まり,班を作りました。班は中学生から大学生までの混合の班が4つ出来ました。

その班で,調べたいこと知りたいことを決め,実際に南新町商店街へフィールドワークへ出かけました。そして,商店街に来ている人に実際にインタビューを行いました。知らない人にインタビューすることに馴れてはいないため,最初は緊張していましたが,徐々に慣れてきて積極的に聞きに行くことができるようになりました。また,ある程度時間が経つとそれぞれの班が商店街でインタビューするチームと香川大学に戻って内容を検討するチームに分かれました。この2つのチームが情報共有するために,SONYの最先端技術「窓」が活用されました。「窓」はよりリアルに感じるビデオ通話のようなものです。「窓」によって,タイムラグがなく情報共有を行うことができました。

時間になって,全員が香川大学に戻りインタビューや商店街を見た印象から問題点や解決策をKJ法を用いて話し合いが行われ,ある程度終わった班から解散しました。

2日目は,前日に話し合ったことを更に深めて,Googleのスライドを使用してプレゼンテーション資料を作成しました。資料を作成していく中で,中学生も積極的に意見を出し,高校生は意見をまとめていました。また,中学生は端末を使ったプレゼンテーション資料作成を行なっていたので,自分から作っていました。そして,プレゼンテーションを行う際には,先程の「窓」を使用して高松のサンポートにある「SETOUCHI-I-BASE」から実際の企業家の方々に見ていただき,ご意見を頂きました。そこから,改善をする班やテーマ自体を変える班など自分たちの班ができること一生懸命に頑張り改めてプレゼンテーション資料を作成しました。再び,起業家の方々に見ていただきました。1回目の発表から2回目の発表までの時間は1時間程しかありませんでしたが,どの班もできる限りのことはできたと思います。その後,ルーブリックを使って振り返りを行い全日程が終了しました。

この2日間,生徒たちにとって,とても濃く実りのあるものになったと思います。中学生から大学生までほとんど関わることのない空間で自分たちにできること,考えられることを積極的に行なっていました。この経験が今後の学校生活に行かせていただけたらと思います。

(文責:中学校教員)

野球部が京極杯で優勝しました

先日行われました「第35回京極旗争奪軟式野球大会」において藤井中学校野球部が優勝を収めました。

初戦4対0
準々決勝7対0
準決勝13対2
決勝4対3

という戦績でした。

また、来月より行われる春季大会についてですが
初戦は4月25日(日)11時20分〜
大手前丸亀中学校と対戦します。応援よろしくお願い致します。

総合的な学習の時間「ポートフォリオ」(1年団)

1年生は,1年間を通しての総合的な学習の時間で,全ての活動を記録するために「ポートフォリオ」を作成しました。「ポートフォリオ」とは,生徒たちが学習過程で残したレポートや試験用紙,活動の様子を残した動画や写真などを,ファイルに入れて保存する評価方法のことです。今までの活動がただの記憶に残すだけでなく,記録に残すことで,2年生,3年生そして卒業後にも活かすことができます。また,コロナ渦で学校での活動がわからない保護者の皆様にとっても,「こんなことをしたんだ」と思えるものとなっているはずです。

<総合的な学習の時間の振り返り>

・私が1年間を通して成長したと思ったことは,相手聞き取りやすい声の大きさで発言できるようになったことです。最初は相手と目を合わさずに小さい声でしか話していなかったけど,「藤キャラグランプリ」や「キャリアプランニング」を体験して,学年が違う人にも聞き取りやすい声の大きさで話せるようになりました。

・1年間の活動で,グループで話し合って完成させていくものが多かったです。よって,話す力が成長したと思います。今まで私は,そんなに人と話すのが上手ではありませんでしたが,この1年で少しは上達したのではないかと思います。自分でマスコットキャラクターも作ったので,考える力もついたと思います。

・この1年間で5つのことをやって僕は,初対面の人とでも,どんどん話していく上で,すごい良いものができたので,良いと思いました。どんなことをすればいいかとか1人だとずっと悩んでいたけど,みんなで考えるとすごくいい案がでたので,あらためて「みんな」という存在の大切さがわかりました。

・1年間の活動の中で私は,自分の意見と他の人の意見を共有して物事を進めていけるようになりました。特に,藤井中学校のマスコットキャラクターを決める時,組の中でグループをつくって発表したり,キャリアプランニングの時は組のわくをこえて発表したりした事は,自分の成長した点に大きく関わっていると思います。この1年間,総合学習の時間で行ってきた事を無駄にしないように,生活していきたいです。

<2年次にやってみたいこと>

・1年生で発表したりしたことを何かにつなげたらいいと思います。できれば,地域こうけんやおもしろいことをやってみたいと思いました。

・2年生になってもコンピューターを使って学年全員で協力して将来に役立つことをしてみたいと思いました。

 

理事長賞授賞式・卒業式

3月12日、理事長賞授賞式と中学校卒業式が行われました。

卒業式前の理事長賞授賞式では、千合悠太さんが表彰されました。

そして10時より厳粛に卒業式がはじまりました。

普段は大人しい生徒も、担任から呼名されると精一杯大きな声を出して返事をしていました。

新型コロナウイルス感染症対策のため、在校生の参加を見合わせ、規模を縮小して挙行したにも拘らず、感銘深い素晴らしい式典となりました。

希望に胸を膨らませ、元気に巣立っていった109名の名の今後の幸せを心から願っています。

ご卒業おめでとうございます。

(文責:中学校教員)

年度末大掃除

3月11日、年度末の大掃除を行いました。
日頃の清掃では行き届かない、隅の隅まで綺麗にできました。

1年間の感謝を込めながら清掃に取り組めたでしょうか。

学校の清掃には意義があります。

「身の回りの物を丁寧に扱うようになってほしい」
「社会の一員として役割を全うする責任感を身につけてほしい」
「集団活動をしている自覚を持ち、協調性を育んでほしい」

学業はもちろんのこと、様々な方面で活躍できるような資質を高めていってほしいなと思います。

また本日、東日本大震災から10年が経ちました。
宮城県出身のサンドウィッチマン伊達みきおさんは、ニュースのインタビューに対し、

「震災に区切りなんてない。」
「ほんとは節目なんてないんですけどね
ただ10年経っただけ、また明日が来るだけ」

と語ったそうです。

時間が淡々と過ぎていくこの日常は、当たり前ではないと痛感し、1日1日を大切にしなければと思わされました。
14時46分、藤井中学校でも黙祷を捧げました。
今日も明日も、私たちも懸命に生きていきましょう。

(文責:中学校教員)

総合的な学習の時間(1年団)CAREER PLANNING

 今回1年生は本年度最後の総合的な学習の時間の活動として,「CAREER PLANNING」を行いました。「CAREER PLANNING」は自分のなりたい,もしくは,興味のある職業について,各自で調べ,グループでポスターにまとめて発表するというものです。グループは,クラスの垣根を越えて編成を行いました。

 第1回,第2回は,自分たちのグループの職業について,「ブレインストーミング」と「KJ法」を用いて,その職業に関連することを考えながら,今後の調べ学習に活かせるようにしました。

 第3回~第5回は,実際にパソコンを利用しながら,具体的に発表する内容を班で相談しながら進めていきました。そして,調べきれなかったことは個々の冬休みの宿題にして,各々が調べてきたことを班で共有しました。

 第6回目以降は,実際にポスターの作成を行いました。本校では,Google for Education G-suiteを導入しています。今回の活動では,これを積極的に活用しました。班ごとにアカウントを作成することで,Googleドライブ上に保存することができるため,同時作業が可能になります。また,放課後や自学の時間においても,PCでもiPadでも使用できるGoogleスライドを活用してポスターの作成を行いました。生徒たちは,1学期と2学期にPowerPointを利用していたため,スライドでも上手に作成をすることができました。また,同時作業や同時編集ができるため,より効率よく班の中で話し合いながら作成することができていました。

 最後に作成したポスターを使って,発表を行いました。今回の発表方法は,アクティブラーニングの手法の一つである「ポスターツアー」の形で実施しました。発表を2時間とり,班の人数は4~6人であるため,前半と後半に分かれて交代で発表を行い,残りのメンバーは他の班の発表を聞きに行き,質問などを行いました。また,時間を5分で区切っているため,ほとんどの班の発表を聞くことができました。さらに,今回は2年生の先輩やオープンキャンパスに参加してくれていた小学5年生にも発表を見に来てもらいました。先輩や小学5年生に説明をするということで,1年生は緊張していましたが,先輩の聞き方・質問に助けられながら最後までやりきることができました。これもよい学びにつながったと思います。

 生徒たちは,今回の活動で多くの新しいことを行いました。そして,最後まで一生懸命に行い,少しでもよいものを作ろう,少しでもよい発表をしようと努力していました。限られた時間の中で本当によく頑張ったと思います。この経験を来年度以降にもしっかりと活かしてもらえたらと思います。

 

<Career Planning を振り返って>

2年生の先輩や小学5年生の前で発表することはめったにないので、とても良い経験になりました。あまり緊張せず、相手に伝わるくらいの声の大きさで言うことができました。今年の反省を生かして、来年にはもっと良い調べ学習をしたいです。

緊張して上手に話せないと思っていたけど、意外とすらすら話すことができてうれしかった。同じ班の人と協力し、パソコンで文字を打ったりして楽しかった。2年生がほめてくれて、発表して良かったと思った。

異なる学年の人の前で発表をしましたが、発表の仕方を変えたりして、聞き手に合った説明ができたのでいい経験になったと思います。

2年生や小学生が発表を真剣に聞いてくれてうれしかったし、自分のコミュニケーション能力もアップできたと思うので、自分の成長につながりました。

最初は緊張してしまったけど、慣れてくるとすらすら言えるようになりました。そして質問が来た時に上手に答えることができて、とても良かったと思いました。

先輩方や小学5年生の人たちが真剣に聞いてくれたので、自学の時間を割いてやってきて良かったなと思った。先輩からたくさんの質問をしてもらって、自分たちのなりたい職業について興味を持ってもらえたかなと思い、この発表をする機会はとても貴重だったと感じた。

ポスターをコンピュータやタブレットでは作ったことがなかったけど、良いポスターが作れてうれしかったし、資料収集をして、薬剤師になるために今何ができるのかが分かったので、良い発表や経験になりました。

何回か発表していくうちに、ポスターを読むだけでなく、自分で新しく言葉をつけ足したり、相手の方を向いて話せるようになるなど余裕ができていった。

(文責:中学校教員)

携帯電話講習会

3月3日、1年生を対象に携帯電話講習会がありました。SNSにおいて個人情報をどのように守っていけばよいか、グループで話し合いました。また、デジタル空間の中で適切な行動をとることの大切さについてもディスカッションを行い、お互いに意見交換をすることができました。今日学んだことを今後にしっかりと活かしてほしいと思います。

(文責:中学校教員)

クラスごとに写真撮影をしました

3月3日、先日の3年生を送る会に引き続き、感謝の気持ちを伝えるためと、クラスごとの思い出作りのために集合写真を撮影しました。

今年度は学校行事が少なく、クラスメイトと打ち解けるまでに時間がかかったのではないでしょうか。

ぜひこの1年を振り返ってみてみましょう。

上手くいったことも、そうでなかったことも、きっと来年に活かすことができるはずです。来年度はもっと充実した1年にできるよう、今のうちからの目標を決めておくのも良いかもしれませんね。

(文責:中学校教員)

3年生を送る会を行いました

2月26日(金)、3年生を送る会を行いました。

今回は感染症対策のため、在校生が準備した映像を各教室で鑑賞しました。それぞれ工夫を凝らした映像ばかりで、3年生も楽しそうに観ていました。

こうして映像で振り返ると、改めて3年間の成長を感じました。

楽しいことも苦しいこともあった3年間だったと思います。有終の美を飾ることができるよう、残り少ない中学校生活を懸命に過ごしていきましょう。

(文責:中学校教員)