合格者の声(ユリーカコース)

<ユリーカコース卒業生>

S・Hさん(2016年度卒・藤井中学校出身)   神戸市外国語大学外国語学部ほか現役合格
切磋琢磨した良き友人たちと、尊敬すべき先生方に支えられ、最後まで夢を追い続けることができました。

私は中学1年から6年間、藤井中学校と藤井高校普通科ユリーカコースでお世話になりました。中学入学当初は知り合いがほぼいない中で、戸惑い焦ることも多くありました。
しかし、先生方のサポートのおかげで、学校に少しずつなじむことができました。中学3年生になった時、他の高校に行くか悩みました。私は周りに流されやすく、大勢の中で生活することが苦手でしたので、少人数で面倒見の良い先生方に囲まれて高校生活を送りたいと思い、ユリーカコースを選びました。

確かに、高校3年間の中で、他の選択肢もあったのではと何度か思い悩むこともありました。しかし、高校を卒業した今では、ユリーカコースで良かったと心から言うことができます。毎日、厳しく、丁寧に指導をしてくださった先生方、進路相談をした時に嫌な顔ひとつせず、様々な選択肢を与えてくださいました。こうして夢を追い続けられたのは先生方のサポートのおかげでした。また、放課後も一緒に勉強した友人たち、時にけんかをすることもありましたが、大学進学という目標に向かって共に歩んできました。このようにして充実した6年間を過ごせたことに心から感謝しています。

 

M・Mさん(2016年度卒・藤井中学校出身)  岡山大学医学部現役合格
時間が止まっているのかと思うくらい、高校3年生は長かったです。一方でセンター試験の日が迫っていることに焦りを感じて勉強しなければと思いながら、なかなか結果が出なくて度々泣いてしまった時は、先生方が話を聞いてくださり、気持ちが楽になりました。勉強がはかどらない時は、私を応援してくれている人のことをしばしば考えていました。今思うと私の原動力は、「応援してくれている人を絶対に悲しませたくない」という想いでした。さらに、なりたい自分を想像すること、「自分はできる」と強く思うことは私にとってとても大切なことでした。

私は、藤井中学校から高校普通科ユリーカコースへと進学しました。勉強以外にもたくさんのことを学びつつ、様々な良い経験ができました。今後もユリーカコースで学んだことを生かして頑張っていきます。

 

K・N君(2016年度卒・綾歌中学校出身)  広島大学医学部現役合格
大学受験を通して学んだことがいくつかあります。まず、自信を失わないことです。自分の合格を信じることです。しかし、この自信をつけるためには学習が当然必要です。長時間ダラダラとやっていても意味はありません。必要なのは「自分が満足するまで」やりきることです。

次に、視野を広く持つことです。早い時期から志望大学を決めることは良いことです。しかし、その一校のみを見るのではなく、他大学、他学部を見てください。ちょっとしたことで考えは変わるので、心に余裕をもって、広い視野で志望大学を検討してください。

最後に、人に頼ることです。苦しい時や、一人ではどうしようもなくなった時には、先生方や友人にためらいなく頼りました。私は先生方に自分の不安を打ち明け、助言と励ましを得たことで落ち着きを取り戻し、いつも以上の集中力をもって試験に挑めました。現役合格を勝ち取ることができたのも、頼れる先生方がいらっしゃったおかげです。みなさん、先生方を驚かせるような合格をぜひ勝ち取ってください。

 

A・Sさん(2015年度卒・藤井中学校出身)  神戸大学経済学部現役合格
私が無事志望校に合格できたのは、先生方の手厚いサポートがあってこそだと思います。夜遅くまで質問や相談に答えてくれ、個別での添削にも丁寧に応じてくださるところは塾や予備校ではできないものです。私も自分では採点のしづらい記述や自由英作文、英文和訳などの添削をお願いし、入試でこれらを活かすことができました。先生方はどの生徒に対しても熱心に対応してくださるので、みなさんも借りられるところでは先生の力を借りていくべきだと私は思います。

また、自分の成功には支えてくれる友達の存在もあったと思います。高校生になって少し経った頃、私は気持ちの面に問題があり、宿題すらもきちんとできていなかった時がありました。その時にクラスメイトは私を心配し、気にかけてくれました。そのお陰もあり私はすぐに立ち直ることができました。

入試は最終的に自分ひとりの力で挑むものですが、受験は決して「個人戦」ではなく互いに切磋琢磨し、気持ちを高め合える仲間がいることで成し遂げられる「団体戦」であると私は実感しています。私のように「この学校を選んでよかった!」と思い、この学校から巣立つ人が一人でも多くいることを心から望んでいます。

 
<藤井中学校卒業生>

S・Oさん(2016年度卒・城坤小学校出身)  香川県藤井高等学校普通科ユリーカコース合格
私は藤井中学校に入学して良かったと思っています。私が藤井中学校に入学したいと思ったのは、サマースクールに参加した時でした。先生方はとても優しく、学習環境も非常に整っていると感じ、私もここで学びたいと思いました。入学当初、知らない生徒ばかりだったので、緊張したり不安になったりしましたが、友達や先生とすぐに仲良くなることができました。学習面では、朝と放課後に先生が1対1で丁寧に教えてくださるので、苦手なところもきちんと理解できました。私の考える藤井中学校の1番良いところは、先生方との距離が近いことです。質問はもちろん、悩み事も気軽に相談することができました。私が進路について悩んでいた時、担任の先生や他の先生方が親身に相談にのってくださり、受験への不安が軽くなりました。

私が過ごしてきた3年間は、楽しいことだけでなく、苦しいことや大変だったこともありましたが、友達や先生方、両親の支えのおかげで、充実した日々を送ることができました。私は藤井高校普通科ユリーカコースに進学を決めました。志望する大学に合格できるよう努力を続け、3年後の春、両親や先生方に「ありがとう」と笑って言えるように頑張っていきたいです。

 

T・Mさん(2016年度卒・四箇小学校出身)  丸亀高等学校合格
私は無事志望校に合格することができました。これもユリーカの先生方の丁寧な指導のおかげだと思っています。勉強の指導ももちろんですが、特に面接指導では、時間外でも付き合って、何度でも納得できるまで個別指導をして下り、とても感謝しています。いつもくじけそうなときは、クラスの仲間たち、そして先生方がはげましてくれてここまで来ることができました。

また、ユリーカでの3年間はとても充実していました。クラスメイトにも恵まれ、行事がある度、力を合わせて最後まで取り組むことができたことは、自慢できることだと思っています。一つ一つ先生や友達と乗り越えて経験したことが、今の結果につながっていると思います。

これから、入試より、もっともっと色々な困難があると思いますが、ここでの経験を生かし、一つ一つ乗り越えていけたらと思っています。この藤井中学校で3年間を過ごすことができて、本当によかったです。